« シェラストーブ | トップページ | ポンチョライナー(テントマットとして) »

2005年7月19日 (火)

ケトル(やかん)・焚火のそばで・・・

pot-1 

スノーピーク:ステンレスパーコレーター

ミニマムキャンプ(最小限)」 といっておきながら、調理用のクッカーの他に、ついつい湯沸し専用のケトル(やかん)を持っていってしまうのです。

 焚火のそばにおいておき、いつでもお湯が沸いている状態にしておきます。

 コーヒー好きということもありますし、キャンプでは食器を洗うのに洗剤を使いたくありませんから、お湯をつけて、ペーパーでゴシゴシ。これで、食器はいつもピカピカです。

  このケトルは、元々はパーコレーターです。ぷかぷかとお湯を循環させてコーヒーを作る道具。キャンプの雰囲気はばっちりですが、パーコレーターでいれたコーヒーは熱すぎるし、美味くないです050_058「激しく賛同~」というかたコメントをどうぞ!(なんのなんの俺は美味いと思うぞ!というかたもどうぞ!)。

ですから、コーヒーはブルックスなどのドリップバッグで一杯ずつ入れています。

 

 ところで、このケトルは元々パーコレーターですから、フタにはガラスのキャップ(ポコポココーヒーがわくのが見える)がついていましたが、焚火で使うと、このキャップがとっても熱くなるので、改良しました。

pot-2東急ハンズで、直径の合うコルクを買ってきて差し込んでいます。ついでに、カビ防止に木酢液を染み込ませてあります。

 

 (長所)

  1. 肉厚のステンレスで焚火道具として合格
  2. コルクのキャップで雰囲気、使い勝手UP
  3. フォールディングハンドルで携帯性が良い

 (短所)

  1. そそぎ口がやや大きいため、焚火使用時はすすが入りやすい
  2. フタのデザインが少々気に入らない

 みなさんは何を使っているのかなぁ~

 

|

« シェラストーブ | トップページ | ポンチョライナー(テントマットとして) »

コメント

「焚火のそばにおいておき、いつでもお湯が沸いている状態」っていいですね
むかーし友人がやっていて「便利~」と思ったのですが適当な手持ちのヤカンが無くて試していないんですよ

投稿: れおおとうさん | 2005年7月19日 (火) 21時43分

その昔僕にキャンプを教えてくれた友達は、小さめの赤いホーローのコーヒーポットを、焚火で愛用していました。その人の装備は、ホントにミニマムでした・・・

投稿: キーコ | 2005年7月19日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/5040921

この記事へのトラックバック一覧です: ケトル(やかん)・焚火のそばで・・・:

« シェラストーブ | トップページ | ポンチョライナー(テントマットとして) »