« 焚火トートバッグ | トップページ | ミニマムキャンプ軽量化計画② »

2005年11月 1日 (火)

ミニマムキャンプ軽量化計画

キャンプを始めた頃は大型道具を、車にめいっぱい積みこんで、重くて運ぶのが大変だわ、設営に時間がかかるわ、完全に道具に使われてしまって・・・それでも、コールマンのガソリンツーバーナー、ランタン、大型タープなど、非日常の道具を使うのはそれなりにキャンプの醍醐味。

でも、最近はさすがに、おっさん(40を過ぎた)には運搬も設営も撤収もきつくなってきた。時間も惜しいしね・・・

まして、最近のキャンプ道具は、「家庭と同じように便利に」みたいになってきて、欧米みたいにロングバケーションがとれるならまだしも、せいぜい2~3泊のキャンプではねぇ。

けっこう好きなメーカー*も次から次へとどうしちゃったの?っていうくらい、至れり尽くせりのラインナップで、自宅の家具よりよっぽど頑丈で、値段も高いんでねーの?っていう道具のオンパレード。

いかん、つい辛口になってしまった。趣味なんだから個人の自由だった。

さて、私の理想はミニマムキャンプ。お気に入りのキャンプサイトについたら、厳選した少ない道具でパッと設営して、その場所にいることそのものを楽しみたい。そのためには、道具は最小限で高機能で軽量を目指す!

<私が考える理想のミニマムキャンプ・DUO編>

  1. 家から車までの運搬は1回で済む(今のところ頑張っても夫婦2人で1.5回~2回)
  2. したがって、車からキャンプサイトまでも1回
  3. 1.2により、車を横付けできない自然が深い静かなサイトでキャンプ可能
  4. 設営も短時間
  5. 道具は少なくても、ミゼラブルはイヤ。良い道具を厳選し愛用する。
  6. 撤収も短時間

といったところです。

オートキャンプの「キャンプそのものを楽しむ」と、登山の「道具を軽量化する」をドッキングして、私のミニマムキャンプを理想に近づけたいと、常々思っています。

keiryouka   

|

« 焚火トートバッグ | トップページ | ミニマムキャンプ軽量化計画② »

コメント

ブログにコメントをいただきありがとうございます。キーコさんの影響なのか、実は最近ミニマムキャンプを目指すようになりました。けど、今まで持っていたものを捨てるわけには行かないのが悩みです^^;。私も夫婦でバロウバッグ#3と#4を持っています。化繊では最小のものですが、今はダウンにすれば良かったなぁと少し後悔しています。収納時の大きさが全然違いますねT_T

投稿: pasola | 2005年11月 2日 (水) 23時38分

コメントありがとうございます。そうなんですよね。買ったときはこれだ!って思って買うのですが、あとからもっといいのが見つかって・・・(長持ちするし)
テントとシュラフ&マットは質のいいもので最小、最軽量のものがいいですよね。寝る以外は外にいるのですからね。

投稿: キーコ♂ | 2005年11月 2日 (水) 23時56分

はじめまして。

昨年からキャンプを始めたばかりですが、
道具への物欲はとどまるところを知りません。

いいですね。
ミニマムキャンプ。

あと、焚火をしたいというのもいいですね。
私もまったくその通りです。
私の場合、焚火だけではなく、火を起こすことに執着してしまってます。
ランタン、バーナー、炭火すべて好きです。
でもそうなると道具が増えてきてしまい困ります。

投稿: mirror man | 2006年1月14日 (土) 23時34分

mirror manさん。コメントありがとうございます。火を見ていると落ち着きますね(けっして危ない人間じゃありませんよ~)。ノスタルジー、おそらく人類太古の記憶が呼び起こされるからでしょうか。ここ数年元旦に友人と川原で焚火をし、お汁粉を作ったりしていたのですが、あまりの寒さに体調を崩す人がいたりして、「暖かくなってからにしてくれ~」と、誘いに乗ってこなくなりました(笑)。焚火は冬が良いんだけどなぁ。

投稿: キーコ♂ | 2006年1月14日 (土) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/6800500

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマムキャンプ軽量化計画:

« 焚火トートバッグ | トップページ | ミニマムキャンプ軽量化計画② »