« LED ダイナモ フラッシュライト | トップページ | レザーマン:マイクラ »

2008年8月21日 (木)

マウンテンカーキ                アルパイン・ユーティリティ・パンツ

Mt1 どうせ、これと云ったことはなにもしない、ぐうたらキャンプ。

特別高機能なウェアは必要ありませんが、それでもちょっとこだわりがあります。

今回はパンツ。

焚火をかかさない僕のスタイルだと、ちょっとやそっとの火の粉で、いちいち溶けて穴を開けていたんでは具合が悪い。
なをかつ、ロースタイルで、地べたに直接座ったり、無骨な軍用BOXをイス代わりにしたりしているから、お尻や裾の部分が頑丈でなければ困ります。
それから、パタゴニアの「ギ・パンツ」になどに採用されている、股に「ガゼット(ダイヤ型のマチ)」が付いたものが動きやすくていい・・・

この「マウンテンカーキー」のパンツ、10.4オンスの分厚いコットンキャンバス地。これなら多少の火の粉もなんのその。
Mt3 Mt4 Mt5 Mt7




お尻と、膝、裾はすべて2重の縫い合わせ。股にはガゼットがばっちり。
2層のポケットやレザーマン収納にちょうどよさそうなツールポケットまでついていて、まさに理想のパンツです。


こうなると、普通は即購入!なのですが、

この手の裾を特殊処理している輸入パンツ、気に入ってもたいていは購入に至らない。というか、至れない・・・・
それは一点の心配事・・・

僕は日本男児暦四十うん年。そうです、ジャパンサイズの股下ではたいていのパンツは裾上げが必要になるのです。
裾を2重処理しているこの手のパンツは、普通のショップでは裾上げができないですからね。
かといって、1重の裾に直してしまっては意味がないし・・・

ですから、このパンツをショップで見つけたときも、一度はあきらめたのです。
試着してみると、やっぱりお代官様~(泣)

ところが、2度目にショップに行ったときにサイズが増えている。もしや・・・

Mt8 「30×30」

ウエスト30インチ、レングス30インチ、ということは、30×2.54=約72cm

試着してみると、ピッタリ!!!

今、手元にある資料を見ると、サイズバリエーションは
ウエストが30・32・34・36・38 
レングスはそれぞれ30・32

分厚いコットンキャンパス地のパンツは、頑丈さと引き換えに、ごつごつして、最初はかなりはきにくいです。動きをスムーズにするガゼットの感触も変な感じ・・・

でも、はいているうちに、どんどんカラダの線になじみ、生地もこなれて、はきやすく、いい感じになっていきます!

キャンプ以外でも休日のたびに、このパンツを引っ張り出して、ひたすら、

はく→洗濯→はく、の繰り返しで、順調に


「俺のパンツ」

になっています。

【本山賢司さんの本にのっていた枕の作り方】

10

|

« LED ダイナモ フラッシュライト | トップページ | レザーマン:マイクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/42229624

この記事へのトラックバック一覧です: マウンテンカーキ                アルパイン・ユーティリティ・パンツ:

« LED ダイナモ フラッシュライト | トップページ | レザーマン:マイクラ »