« キャンプのBGM | トップページ | ヌメ革Lファスナー:土屋鞄製造所製 »

2008年10月28日 (火)

トレッキング装備①:アルコールバーナー、風防&ゴトク

Trangia1

ぐうたらキャンパーの僕も、年に一度くらいは、12~13kgのザックを背負って、トレッキングキャンプをします。
といっても、高低差のほとんどない道を2時間程度が限界!

体力も根性もないので、なるべく装備は軽くしたい。

バーナーは「トランギア・アルコールバーナー」。

食事はフリーズドライか、ふりかけパスタ、コーヒー、粉末スープなどですから、コレで十分です。

火力もけっこう強いですね。



【セット内容】

Doc4
Doc5

・トランギア:アルコールバーナー

・ハロマーク:チタンゴトク

・ハロマーク:ハロキャップ

・MSR:風防

・自作:チタン風防&台座

◇自作チタン風防について

チタンのシェラカップの底をくり抜いて、トランギアのクッカーセットのスタンドベースの原理をマネしたものを作ってみました。

原理はこんな感じ・・・

Doc1



一番外側のMSRのアルミの風防の、下部の切れ込みから外気を取り入れ、

自作チタン風防の下部の穴から、上昇気流を作り出す仕組み。

外側の風防は、上にのせるクッカーの径に合わせて、タイトに調整するとより効果的です。

とはいえ、自作だけにチムニー効果もいかがわしいので、実験してみました。

【実験】同じクッカーで300ccの水が何分で沸騰するか?

   
   ・バーナーに火をつけてから30秒経過してからクッカーをのせる

   ・実験の間隔はクッカー、バーナー、ゴトクを冷ますため、15分あける

   (クッカーは水で冷まして底をふく、バーナー、ゴトクは屋外に放置)

比較①:シェラカップにバーナーを直接入れてゴトクをのせる+MSR風防Doc7

比較②:自作チタン風防にゴトクをのせる+MSR風防Doc3_2

比較③:②の方法で、チタン風防の穴をアルミホイルでふさぐ

【結果】①と③は4分以上かかったのに対し②の自作システムは約3分で沸騰。

以外に圧勝でしたネ・・・

今回のネタでいろいろ調べていたら、すごいサイト発見!

ギャラリーも見ごたえあります。

|

« キャンプのBGM | トップページ | ヌメ革Lファスナー:土屋鞄製造所製 »

コメント

シェラカップを風防にするとは、素晴らしいアイディアですね!感心しました!
自分は不器用なので、ODBOXの五徳(ハロマークチタンゴトクの真似品)にシェラカップです。
あと海外でTrangia 27-1 HAも購入(フライパンのノンスティック加工なし、日本未発売)

投稿: pasola | 2008年10月30日 (木) 19時56分

けっして器用ではないのですが、適当につくったら、意外にパワーアップしたので驚きましたscissors

投稿: キーコ♂ | 2008年11月 2日 (日) 01時43分

おお!シェラカップを風防にするとはナイスアイデア。
アルコールストーブは一つ欲しいです。
やはりトランギアかな~と思い、
「アルコールストーブ」で
いろいろ回ると自作で凄い物を作られている方が
沢山いらしてびっくりしました。
ストーブ系は奥が深いですね。

しかし良い季節になりましたね。
九州もそろそろ紅葉です。

投稿: imd | 2008年11月 4日 (火) 21時14分

昨年の上高地キャンプで使いました。
シェラカップ風防に、同サイズのシェラカップを重ねられるので荷物もコンパクトです。

投稿: キーコ♂  | 2008年11月 4日 (火) 22時55分

はじめまして。アウトドアメディア「CAMP HACK」のライターです。「シェラカップ」特集記事にてこちらの魅力的なお写真を是非使用させていただければと思います。ご都合悪い場合は削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。info@spacekey.co.jp

投稿: 藤井未央 | 2015年12月25日 (金) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/42937278

この記事へのトラックバック一覧です: トレッキング装備①:アルコールバーナー、風防&ゴトク:

« キャンプのBGM | トップページ | ヌメ革Lファスナー:土屋鞄製造所製 »