« 2008年11月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

君が僕を知ってる

Kiyoshiro

  

   

     何から何まで君がわかっていてくれる

     僕のことすべてわかっていてくれる

     わかっていてくれる  わかっていてくれる





気のおけない仲間と焚火の前で語り明かすのは楽しい

お互いのことをすべてわかっているわけじゃないけれど

なんとなく、本質的な部分できっとわかりあっているから

一緒にいて楽な仲間

人生いろんなことがあるけれど

家庭に戻れば戻ったで

職場に戻れば戻ったで・・・


焚火に前で、酒を飲みながら

男同士 馬鹿話をしよう 




清志郎さんにとって、わかってくれる人って、奥さんの事かな?

それともチャボさんのことかな…


あなたの歌を、僕らが忘れない限り

あなたの与えてくれたことを忘れない限り

あなたは僕の中で生きています。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

レザーマン ジュースXe6

初代のポケットサバイバルツール(PST)、マイクラに続き3代目レザーマンを購入。

ジュースシリーズの中から、最も機能が多いXe6を選択しました。

レッドやパープルなどのカラーリング、コルク抜き付きと、硬派なイメージのレザーマンの中で、ジュースは異色のシリーズです。

メーカーHPにも厚みなどは記載されていないので、まずはサイズ比較を。

左から初代、ジュースXe6、マイクラ↓

Leatherman_size

続いて開いた状態
Leatherman_nagasa


ジュースシリーズの中で、最も厚みがあります↓
Leatherman_atumi

さすがに2㎝は、ちょっと厚いですね。この厚みだとプライヤーの作業性はギリギリといったところです。ヤスリや波刃ナイフ、ノコギリが不要ならジュースCs4のほうが厚みも薄く、軽いので使いが手が良いと思います。

初代PSTはプライヤーを開いた時のグリップの外側がナイフ等の格納側になるため、グローブをしないと手が痛くなるという欠点がありましたが、ジュースをはじめ現在のラインナップは、格納側が内側に来るように改善されています。

プライヤーを開かずにナイフ等が使用できるのもいいですね。

僕はコルク抜き目当てだったので、ジュースシリーズにしましたが、ニューウエーブがほぼ同じ価格で、ツールの使い勝手が良く、売れているようですね。



おおむね気に入りましたが、欠点を1つ。

マイナスドライバーの引き出しについてです。
引き出すための爪が小さく、動きも固い為、指の爪が割れそうです。引き出すのに別の工具を1本用意するなんて、シャレにならないような事態に・・・

ここはメーカーは改良の余地ありですね。
動きが固いためドライバーのエッジが勢い余って指に当たります。
Leatherman_yubi


あいたた… こんなヘマしないように

Leatherman_kega

因みに、メーカーHPにも、ナチュラムの販売ページにも、マイナスドライバー(特小、小、中、大)と4種類のマイナスドライバーの記載がありますが、実際には、(特小、小、大)の3種類で、(中)はありません。同封のユーザーズガイドにも記載がありませんので、記載間違いでしょうか?

Leatherman_mainasu

商品が届くまでのワクワク感はくせになります・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

LEATHERMAN(レザーマン) juice(ジュース)/Xe6
LEATHERMAN(レザーマン) juice(ジュース)/Xe6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランギア マルチディスク スパニッシュオムレツ(風?)

TVの「チューボ―ですよ」を参考に、スパニッシュオムレツを作ってみた。日本の卵焼きと違って、何回も返しながらじっくり中まで焼いていき、中の具もかなり多い。

(今回はシンプルにジャガイモと玉ねぎで)

Disk5

 

トランギアのマルチディスクという、耐熱250℃の樹脂製プレートが、この手の「返し」料理にすごく便利だ。

Disk1

 

レシピだと、卵L玉14個に対し、具のジャガイモが6個+玉ねぎが1個。

卵:具=2:1

 

で覚えておけばだいたいいいみたい。

それにしても、さすがにこの量では食べきれないから、大幅に圧縮して、

卵4:具3

で作ってみた(卵がもったいなかったので、具の比率が多くなってしまった・・)

詳し作り方は番組HPにのっていますが、1回目の返しだけは、「返し」ではなく、焼いた面は下にしたまま、ディスクに移す(スライドさせる)方法をとった。これは、マルチディスクの湯切り用の穴から、半熟の卵が流れてしまうのを防ぐためだ。この方が失敗がない。

マルチディスクの溝は、トランギアのツンドラ3の大小クッカー、今回の20cmフライパンに当然ぴったりフィットするので、返しも失敗がない。
(以前、適用なお皿でチャレンジしたところ、滑って見事に返しに失敗した・・・ (;д;) )

 

Disk3
2回目の『返し』の写真。このあと、フライパンをかぶせて、3回目の『返し』をしました。本格的なものは、5~6回返しながらじっくり焼くみたいですが、サイズが小さく、卵もケチったので、3回で中まで火が通りました。

Disk2

Disk4

やはり、卵が少なく、いまいち厚みが足りなかったですが、味はばっちりでした。ジャガイモと玉ねぎに火を通す段階で、かなり油を使う(素揚げのような感じ)ので、香ばしく仕上がったのですが、キャンプでは(これほどの油を使うのは抵抗あり)炒め方式で作っています。

トランギア マルチディスク21cm
トランギア マルチディスク21cm

スパゲティーの湯切り、まな板、お皿等、いろいろ使えて、収納もかさばらず便利! 


Disk


トランギア マルチディスク18cm
トランギア マルチディスク18cm

トランギア ツンドラ3
トランギア ツンドラ3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

キャンプの運搬を考慮したキッチンシステム

マンション住まいで駐車場が敷地外、我が家のこのような条件だと、家⇔車の運搬回数は夫婦2人で1回で済ませたい。

気持ちはミニマムキャンプだが、道具好きの僕にとって、

「何を持っていかないか」

を実践するのは至難の業だ・・・

そこで、シーズン中は、少々の燃費UPは覚悟の上で、いくつかの道具を車に積みっぱなしに。

破損の心配があるものや、危険な燃料、衛生面から食器・クッカー類はその都度持ち帰り、カビの心配がないように十分乾かしたテント、タープ、イス、コット、スタンド類、スモーカー、焚火台、ペグ、ロープ、シート類などを2つの木箱に納めている。

Imgp13631

そして、この2つの木箱は、キャンプ地では縦置きにされ

『ミニマム流キッチンシステム』に ↓ ↓ ↓
Imgp11671
これで、キッチンテーブルなるものは不要だし、クッカー類をはじめ、道具の整理もばっちりだ。

もともとはミリタリー系の木箱で雰囲気もいいし、20cmほどの奥行きも使ってみると、お皿やコッヘル大の奥行きとほぼ同じで棚のアクセスが楽。この2台並列配置がなかなか機能的で使いやすい。

以前、自作のもう少し奥行きのあるものを使っていたのだが、いまいち奥が見えなくて使いづらく、腰をかがめてのぞきこんだりしていたので、この浅い奥行きがかえってよさそうだ。

車載時(平置き)は、上のスペースがフラットに有効使用できる。

Imgp13101

天板はSOTOのシステムスタンドを使ってミニテーブルに。
Imgp13071

今、このシステムなかなか気に入っていますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

キャンプを始める前の儀式

僕のキャンプでは、設営したテントの入り口は必ず真東に向ける。

これは、インディアンの儀式で、サウナのような熱い密室で行う「スウェットロッジ」の真似をしているのだ。

スピリットが東から西へ通過するため、スウェットロッジは必ず入り口を真東に向ける。

ついでにセージの煙も焚いたりしている。

セージの煙はその場を清める効果があるそうだ。

我ながら滑稽だが、まわりに他のキャンパーがいない場合は、東西南北と天と地に向かって煙を送ったりしてしまうのである。

ぐうたらキャンプ式 浄化の儀式だ。

僕のような平日キャンパーの場合、たいていキャンプ場は貸し切りに近い。

管理人も定時で帰ってしまい、夜は結構怖いのだ。

だからこうしてインディアンの真似をして、ぐうたら儀式をとりおこない、キャンプの安全を祈るのであった・・・

それにしても、最近平日キャンパーに出会うことが皆無だな。けっこうメジャーなキャンプ場しか行かないのになぁ。

静かなキャンプを好むとか言っておきながら、人がいなければいないで今度は寂しがったりして、まったく困りものだweep

Hane2

Hane3_2

Hane1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

無題

以前こんな言葉が琴線に触れ、メモしておいた。





  『人と付き合うということは、現実を共有する仲間や恋人や

   家族たちとだけ丁寧に付き合うということではない。

   別れた女や、決別した仲間や、死んでしまった友だちの

   ことを、何げなく思い出しながら生きることだ。

   今の関係と全く同じレベルで。』 <橘川幸夫>

身近な人が亡くなるということ、これからも年をとるにつれ幾度も経験するのだろう。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

MSRドロムライト 【使用レポ】

昨年の10月にMSRのウォーターバッグ「ドロムライト」を購入。今回、今年の初キャンで使用してみました(その時の記事はこちら)

キャンプ場について、まず一息、コーヒーを沸かす。今回は富士山がご機嫌よろしく、顔を出している。

富士山を眺めながらの一杯は最高・・・のはずが、んっ?

コーヒーがまずい!? 

「ねぇ、水道しばらく流してから汲んだほうがよかったんじゃない?」 と妻。

(キャンプ場の水がカビ臭いことはよくありますからね)

最初は僕もそう思ったんだけど、それにしても変な味で渋い・・・

しばらくして妻が「ねぇ、もしかしてタンクの臭いじゃない?」といって、本日デビューのドロムライトを指差した。

すぐ流しに行って水道の水を直接飲んでみた。

普通にうまいや・・・

何度かドロムライトをすすいで見たが、多少の改善はあったけど、やっぱり臭い。
ドロムライトは使用を中止し、家で凍らしてきたペットボトルで代用。こまめに汲みに行けばよい。

帰宅後、メーカーに問い合わせたところ、



ポリウレタンコーティングの臭いは、完全にとれないとのこと。食品許可を受けいるから人体に影響はないとのことですが…



食品許可と言われても、体によい感じはしませんね。わざわざ自然のなかに行って、臭い水を飲む気にはなれません。ビニール臭さとか気にする人にはお勧めできないウォーターバッグです。

プラティパスから6Lのタンクが新発売されていますから、それがよさそうですね。同じ輸入元だから交換してくれないかな・・・

Imgp12672

朝霧ジャンボリーキャンプ場にて  富士山見えすぎ( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年7月 »