« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

MSR ハバハバ

Msr_hubbahubba_vest
某メーカーの軽量テントがダメになり、新しいテントを注文しました。

選んだテントは、MSRのハバハバ。2人用で総重量2.04kg(最小1.81kg)。

もっと軽いテントもありますが、約2kgなら妥協レベルだと思います。

選んだ理由は、見た目のかっこよさ(ミーハー)と、MSRの中で唯一、手が届く値段(^-^;

硬派な理由としては、設営が楽なフック吊り下げ式であること、フライが独立使用可能であること。雨の日の撤収の際は、フライを最後まで残せるのはポイントが高い。

同デザインのハバハバHPはさらに軽量ですが、最小重量比較だと120gの差。
この重量差で23,100円の価格差ということになりますと、1gあたり192円ということになり・・・んっ?逆にピンとこないか。 

とにかく、価格差ほどのメリットを感じないのでした。
※正確には重量以外にも細かい違いがあります。念のため。

今回は、同じショップでダメになったテントの保障分をさしい引いてもらったので、驚くほどの小額の負担で購入でき、超ラッキーでした。感謝です!
(どうせあとで欲しくなるので、専用フットプリントも同時購入)

MSRのテントは、モスの血を引いていますので、デザインとカラーが秀逸。他メーカーにはない斬新さがありますね。

手元にカタログがあるのですが、

ボードルームというデカイテントなんて、まるで倉庫みたいで(居住性は抜群だろうけど)、日本のキャンプフィールドでは、かなりのインパクトだと思います。
Boardroom

アウトフィッターウイングという代表的なタープの図面をあらためてみると、「さすが」とうなってしまう設計になっています。

ポールを立てる縦方向より横方向のほうがサイズが長くなっているのがミソで、このサイズで240cmのポールで立てれば、かなりの有効面積になるでしょうね。また、図面上の7角形の底辺の部分ですが、ポールの設置位置が左右の張り出しより中に入り込んでいるため(僕の所有しているスノーピークのレクタMと縦方向の長さはほぼ同じ)、この底辺の居住スペースはかなり広く感じるはずです。
レクタは縦軸のほうが長い6角形で両ポール付近と、横方向の広がり感がイマイチ(つなぎポールを1本へらして、240cmと210cmで設営すると高さは引くくなるが居住空間は若干ひろがります)。

Outfitterwing_size

話が若干それてしまいましたが、
ハバハバの到着が待ち遠しい~

ハハハハハハハハハハハハハバハバハバハバハバハバ o(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

ナチュラルベーカリーの田舎パン

Inakapan5

その名のとおり、素朴なパンであります。

国産小麦粉、ホシノ天然酵母、海塩、洗双糖、ナチュラルミネラルウォーターが原材料で、近所のスーパーの人気商品。

我が家に欠かせないパンであり、もちろんキャンプンにも持っていきます。

どんなパンかというと、

一般的な食パンのようにふんわりとはしておらず、かといって、フランスパンのような中身が軽くて固いパンでもなく、重たくて、しっとりしていて、密度が濃いというか・・・

   言葉では伝えるのは難しいですな(;´д`)トホホ…

トーストしてオリーブオイルと塩を振りかけて、といったシンプルな食べ方が、一番このパンのよさがわかるような気がします。

天然酵母の香り漂うこのパン屋さん。他にもレーズンパンやくるみパンなど、噛めば噛むほど味が出るような、シンプルで素朴なパンを作っています。

Inaka4
2人分をいっぺんに焼くのにぴったりな形(o^-^o)

Inaka3

我がキャンプ定番のチリビーンズとの相性も最高!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

軽量テント

Tento2

シングルウォールテント考察

ぐうたらキャンパーの僕ですが、年に1回くらい、オートではなく
ザックを背負ってトレッキング&テント泊をします。

奥さんと2人ででかけるので、2人用テントを背負うのはもちろん僕の役割。
以前はオートキャンプで使っている『モンベルのムーンライトⅢ』+オプションの前室(旧型なので全室が別売りでした)をそのまま使用していました。

ムーンライトは雨には最強で、設営も簡単ないいテントですが、3,5kg越えは背負うのには結構きつかった・・・

そこで3年前にとあるメーカーのシングルウォール(軽量化の為、フライシートはなく防水1枚生地)テント2人用1,8kgを購入しました。

そのテントを使うのは年に1度程度でしたが、先日久々に広げてみると、

  「ガビ~ン 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

シリコンコーティングが劣化し、生地がベタベタ・・・

3~4回しか使ってないのにぃぃぃぃ~



シングルウォールのテントは、湿度が高く雨の多い日本の気候には合わないと再認識しました。

  (あっ、他のメーカーの製品をすべて使ったわけではないですが・・・)

このテントを最初に使った際、尋常じゃない量の結露が発生し、シングルウォールを選択したことをはげしく後悔しましたから。


使ってわかったシングルウォールの欠点はこんなところ。

・防水生地にはなっているが、フライシートがないので多少の雨漏りは覚悟
・縫い目のシーム加工を念入りにする必要あり
・雨の音がダイレクトでうるさい
・結露がひどく、ダウンシュラフが濡れるので対策が必要(シュラフカバーの使用やテントシートを内側の壁に立ち上げてシュラフが直接テントの生地に触れないようにするなど)
・使用頻度が低くても保管中の湿気で生地が傷む


今回はショップに「購入から3年だけど、3~4回しか使ってないのに・・・」
と泣きついたところ、メーカー保証を取り付けてくれました。

これはありがたかった。結構高かったので・・・

同品は廃盤、同等の現行商品もないとのことで返金してくれるとのことなので、
返金分を資金に別のメーカーのテントをそのショップで購入する相談をしているところ。

ところで、このところギアの不調に、誠意ある対応をしてくれるところが多く、ホント感謝したいです。先日も、10年近く使っているストーブを無料修理してくれたし・・・(これは、有料修理のつもりでだしたのですよ。文句はまったく言っていませんから、あしからず)

自分たちもアウトドアが好きで、自分たちも使いたいモノを作っているメーカー、売っているショップ・・・

こういうところは信頼できます。
価格も安くはないけれど、その価値があるってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

スリップオンサンダル

Sandalu3

まあ、いわゆるビーチサンダルです。

特徴はこの輪っかになった鼻緒。このおかげで、足の裏にピタッと吸い付く仕組み。

ペタンペタンがなくて快適なはき心地です。

 

表面のディンプル(くぼみ)加工も滑りにくくいい感じ。

モンベルのOUTWARDという会員誌で見つけて以来、ほしかったものです。

キャンプ地でリラックスする時に履き替えます。
(キャンプでの使用は、はだしだと虫に刺されたり、やけどや怪我の心配があるので、5本指ソックスを履くことをおすすめします)

今まで使っていたのはKEEN社のもの。
これはこれで、運転や街歩きでも普通の靴のように使えて便利なのですが、
持ち歩くとなると、かさ張るのがネック。

このスリップオンサンダルは、鼻緒がペタンとたおれてくれるので、薄く携帯できます。

ビーサンはこのくらいぺったんこな感じが雰囲気です。

(でも、けっしてチープな製品じゃないですよ)


ミニマム化 にちょっとだけ貢献しました!
Sandalu_2

Sandalu2

たまにお世話になっている ★ヨシキ&P2さん★ で購入。あちこちのショップでカラーが欠品しています。今無いということは、今年はもうメーカー作らないな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラティ ウォータータンク6ℓ

Platy1

新製品のプラティパスのウォータータンク。
底がマチになっていて自立するので便利だ。

ちょっと心配だったのがBIG ZIPと呼ばれる開口部。ようはジプロックのジッパーがデカくなったような感じだ。
Platy2

しっかり閉めれば、運搬、キャンプサイトではなんら問題ないと思われるが、
別段、ジッパーは必要なかったような気もするが・・・

(でも、中がすぐ乾くので助かる)

とはいえ、荷物をコンパクトにし運搬を楽に、がコンセプトの、我がミニマムキャンプ。
プラティパスなら信頼性も抜群だし(何より水に臭いが移らないのがいい)、
MSRドロムライトに失敗
して以来、ずっと狙っていたのだ。

このたび、輸入販売元のご好意により、2.5ℓのプラティパス2を引き連れて、
僕の手元にやってきた。


ウォーターキャリー部門は軽いがかさばるので、もっとも ミニマム化 が効果的な部門だ。
なんたって、この容積差だ。

これが↓

Platy3_3

これだもの→Platy4_2


プラティパス プラティ ウォータータンク
プラティパス プラティ ウォータータンク
本来の用途はわからないが、オートキャンプ用に‘買い’だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

なごみ七輪

Sichirin2

愛用の脇田又次の七輪です。

僕のは「なごみ七輪」という長方形の七輪で、サイズは33×20×h16.5 
「(製造元の)社長いわく、蟹が丸ごと焼ける大きさに作った」と解説があります。

2人キャンプにはちょうど良いサイズ。
ガソリンワンバーナーと、この七輪のコンビで様々な料理に対応できます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

薀蓄を少々・・・

七輪は、製法上「練り物」と「切り出し」の2種類に大別される。
どちらも主要素材は能登半島珠洲市周辺に無尽蔵にあるといわれる珪藻土だが、
切り出し法による七輪は、天然の珪藻土を人の手で切り出し、内部をくりぬき
外側も手で削り上げてそのまま使う。

(原石を粉にして成型する練り物の七輪は、製造途中の亀裂の心配もなくコストダウンが可能なため、市販の七輪の大半は練り物)

切り出しの七輪は、多孔質だから軽くて断熱性に優れ火持ちがよく、
外側があまり熱くならないので、うっかり触ってもやけどの心配はない。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ということで少々高かったけれど、この切り出し七輪は、僕のキャンプにはかかせない、

超愛用のキャンプ道具となっています。

塊の肉に塩、コショー、にんにくをすり込み、周りを高温で焼いてから、炭の少ないエリアに移してゆっくり中まで熱をとおし、少し寝かせて・・・

Beef

翌日の朝食は豪華なローストビーフサンドイッチに舌鼓を打ちます(o^-^o)
Beef2



割れ物だけに、かなり過保護に扱われております。
Shichirinn5

炭と着火剤を入れておきます。
Shichirinn4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

烏龍茶

Maru1

キャンプの飲み物はコーヒーが多いですが、口をさっぱりさせたいときは、烏龍茶などの中国や台湾のお茶がすすめ。

この場合ティーパックより、断然茶葉で。
Maru2

茶葉はほんのちょっとで十分です。

熱湯をいれて1分待つと・・・
Maru5

こんな具合にぷぁ~っとふくらみます。
Maru3

2重になっているパンチ穴の開いたシェラカップで漉すといい色がでています。
Maru4
とてもいい香り!(これは台湾凍頂烏龍茶)

二煎目以降は少しずつ抽出時間を長くして、五煎目位まで飲めます。

最後のほうは、ほとんど色が出なくなってきますが、不思議と何杯もいけます。
お湯は飲んでいる間も火にかけておくくらい、熱々がいいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

バーベキュー

たまたまTVに下城民夫という人が出ていた。
ネットで調べてみたところ、この人は日本バーべキュー協会 の会長だそうだ。
バーベQ検定なるものも行っているようで、なかなか楽しい。

・炭火の火力を自在にあやつる、ツーゾーン、スリーゾーン(炭の数の多いところと少ないところをグリル内でわける)

・ピーマンはオリーブオイルを塗って、丸ごと焼いたほうがおいしい。

・しいたけは粗塩をふり裏返して焼いて、絶対ひっくり返さない!しいたけの汁で塩が溶けたころあいが食べごろ

などなど、なかなかためになった。

協会のHPにはレシピ集というタグがあるが、アップされていなかった。
もしや、レシピ本でも販売しているのか?と思ってアマゾンで検索したが、協会も会長の名前もヒットしなかった。

ちなみに、僕はもっぱら、日本式にこれです。

Sichirin

これは能登で作られる、珪藻土削りだしの大変お気に入りの七輪です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライガン

Flygun1


キャンプサイトで、ハエに悩まされることがある。
面白半分で買ってみた。


全パーツはこんな感じ
Flygun2

バネがきつくて、けっこうすごい勢いで飛んでいく。

でも、最近ハエを殺すのにもなんだか抵抗を感じるようになったな・・・
年のせいか?

Flygun3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

グラナイトギア

シルナイロンを使用した、グラナイトギアが増殖中。

 

軽量で強く、手触りがすべすべでくせになりそう・・・

 

granite2    
   
このエアトートは30ℓで十分な容量。衣類のパッキングや、キャンプサイトでは、買い物や温泉センターに行くときなど便利。

 

11×12cmサイズの縫い付けポーチに収納する仕組み。

 

granait6e    
   
ポーチはリバーシブルジッパーになっているので、トート使用時も内ポケットとして使えます。   
IMGP1451    
   
IMGP1450    




   
その他にもこんなものも…   
エアブロック#6 16ℓ   
granaite7

それからエアセルブロックMD

Easeru_2


アウトドアリサーチのこの廃盤商品パデットセル#5の後釜として使えそうです。

OR製は25×13×h13 エアブロックは24×12×h8

Or1_3 Or2

ドラゴンフライ用にと思って購入したエアセルブロックMD

ちょっとサイズ(高さ)が足りなかった…

止水ジッパー、クッション素材入りで保冷効果(内蓋に保冷剤が入るポケットあり)

もあるようなので別の使い道を模索。
                                                                        
   

GRANITE GEAR(グラナイトギア) エアトート
GRANITE GEAR(グラナイトギア) エアトート

GRANITE GEAR(グラナイトギア) エアセルブロックス
GRANITE GEAR(グラナイトギア) エアセルブロックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

クロスクリップ (ステンレス製ピンチ)

Pinch4                      

このクロスクリップは何かと便利です。僕はをいつもこれを10個位持っていきます。

ミニマムガビングシステム(早く言えばゴミ箱(*^-^))の分別ビニールをはさんだり・・・
Gabing




洗濯物干しに…
(真ん中のグレーの袋はモンベルのO.D.ガベッジバッグ4ℓで、就寝時ゴミを入れて動物に荒らされるのを防ぎます。燃やせるゴミは焚火で燃やしてしまうのでゴミはあまりでませんが・・・)
Pinch2

はたまた、ドラゴンフライの風防をとめたり・・・
Pinch1

最近気づいたこの使い方↓
Katori

いろいろ使えます。

スノーピーク(snow peak) パックシンク
スノーピーク(snow peak) パックシンク

折りたためるし、洗えるので、ミニマムキャンプでは主にゴミ箱として使用。厚手のPVCナイロンで自立します。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 18-8ステンレス製ピンチ8個組
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 18-8ステンレス製ピンチ8個組

ストーブで使用する(熱)ことを考えて、カラーではないものを使用しています。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »