« 廻り目平キャンプ場① | トップページ | 廻り目平キャンプ場③ ダッチオーブンでミネストローネ »

2009年9月10日 (木)

廻り目平キャンプ場②

0111

【2009年9月7日、8日、9日 3日間とも晴れ】

埼玉方面からこのキャンプ場へ行くルートは、

関越自動車道→上信越自動車道佐久インター経由(僕の家からだと4時間半)が一般的ですが、

今回、行きはもう一つのルート、秩父から中津川林道を使っての峠越えルートを選択。

ノーティーボーイ(エスクード)の本領発揮ルートで行ってきました。

004

0055

長野と埼玉は隣同士ですヽ(´▽`)/

佐久ルートに比べると走る距離は短いのですが、すべて一般道で、林道はもちろんスピードが出せませんから、こちらのルートのほうが若干時間がかかり、約5時間のルートとなります。中津川林道は、それほどハードなダートではないですが、4輪をロック(4Hロック)して走りました。因みにエスクードは、通常の4H(フルタイム)、4Hロック、4Lロックの3パターンを選択できます(4L付きがスズキのこだわりです)。

いずれにせよ、廻り目平は遠いのであります。


その分、広葉樹の森、日本のヨセミテと呼ばれるほどの岩山の景観と、最高に気持ちの良いキャンプができます。

077

駐車場の周辺が景観が良く、運搬も楽ですが、せっかく来たからには、ちょっと奥の森の中へ・・・

因みに、ここで平坦な場所を探すのは一苦労です(^-^;

133_2

170

キャンプ場内を散策するとこんな大石がいたるところにあります。さらに奥のほうへ足を踏み入れると、さらなる巨石の神秘的な世界が広がります。



直火OKも、このキャンプ場の魅力の一つです。

083

購入した薪と周辺からかき集めた薪のMIXです。

焚きつけは、白樺の倒木から樹皮をいただきます。油分が多いので、ジューッと音を立ててよく燃えてくれます。大量にとれました。

041

052

以前の利用者が、立派なかまどを作っていましたので、もちろんそれをそのまま利用します。

それにしても、このかまどの奥にも焚き火のあとが見えるように、他にも周辺半径数メートル以内に、ざっと4箇所焚火の跡がありました。

いくら直火OKとはいえ、不必要にかまどを作るのはやめて欲しいと思うのですが・・・

【覚え書き】

○1日目就寝前の気温10℃、2日目14℃ モンベルダウンハガー#4のみで問題なし
○マットはフォームマット1,5mmにクレージークリークのチェアを重ねる。マットのみでもたぶんOK
○ハサミムシ(ここはこの季節いつも多い)大量キャンプ道具内進入。自宅に数匹持ち帰る羽目に・・・
○長方形(G4)タープ設営のためにはロープが大量に必要。ロープの長さ決定の良いシミュレーションとなった。

|

« 廻り目平キャンプ場① | トップページ | 廻り目平キャンプ場③ ダッチオーブンでミネストローネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/46176732

この記事へのトラックバック一覧です: 廻り目平キャンプ場②:

« 廻り目平キャンプ場① | トップページ | 廻り目平キャンプ場③ ダッチオーブンでミネストローネ »