« Fisher Inkaペン | トップページ | 実戦主義道具学 »

2010年2月 3日 (水)

ランドブリーズ4LXのミニマムキャンプレイアウト

Mimum1

テントとタープを両方設営するなら、大きな前室を持った大型テント一張りでミニマムキャンプを目指すのもありなのでは? と以前の記事で書きました。

 

外出もせず、家でだらだらしながら今年のキャンプは、ランブリLXのミニマムスタイルを模索していこう・・・などと考えているのであります。

(関東は久々に大雪が降りましたが、皆さんお怪我などされていませんように)

先日仕込んだラグマットを敷いて、フォールディングベンチ中心の、
「土足厳禁(*^-^)ミドルスタイル」でレイアウトしてみました。

Lx4minimum

LX4の前室は、間口最大217×長さ220(張りだし部含む)のスペースがあります。

ラグマットが150×210ですので、ちょうどいい感じのお座敷スペースができました。

※以下、以前の記事にリンクしています。かなり古い記事もありますが、なんとなく自分史のように振り返ってみるのもいいのではないかと・・・

自作のミニテーブル ・・・車載ミリタリーBOX(⑥)の蓋兼用です

SPフォールディングベンチ

パシフィックアウトドア:チリビン30L (クーラー)

ピクニックバスケット ・・・クッカー運搬、現地ではパン、パスタ、コーヒーなど食材保管

スウェーデン軍メディカルBOX ・・・ドラゴンフライ、ランタン、ラジオなどのツール運搬兼調理時のイス

ミリタリーBOX ・・・運搬を考慮したキッチンシステム

SPソロテーブルBAJA・・・ストーブの台。ドラゴンフライとともに⑤に収納

プラティパスウォータータンク6L 

エルパソ・サドルブランケット社:ニューダイヤモンドセンターラグマット

開放感を味わいたいときや、焚火の時は、

SPチェアを2脚、青空の下に持ち出します。

こじんまりと、LXを中心にミニマムキャンプしませう!

Coment1_4

 

|

« Fisher Inkaペン | トップページ | 実戦主義道具学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/47464284

この記事へのトラックバック一覧です: ランドブリーズ4LXのミニマムキャンプレイアウト:

« Fisher Inkaペン | トップページ | 実戦主義道具学 »