« 実戦主義道具学 | トップページ | ちびパン用ハンドルカバー »

2010年2月 8日 (月)

グリップスワニーG1

Grove1

戸外で手袋は欠かせないが、指先の細かい作業がやりづらく、僕はちょくちょくはずしてしまい、あちこち放り投げてしまう。

 

したがって、アウトシームの指先が太いタイプはずっとさけていた。

そういうわけで、今使っているのは、DIYショップで売っている2000円足らずの、薄いタイプである。

Grove1

TONBO/YUASA GROVEのタグがある。

指先が細く(インシーム?って言うのかわからないが、縫い目は内側)、なんとか指先の作業性を確保している。

が、しかし、さすがに3シーズン目に入り、ボロボロになった。

そこで、今回、意を決して、アウトドアグローブの〝ど定番″

「グリップスワニーG1」に買い替えである。

Imgp2810

苦手のアウトシームで太い指先。

まぁ、一度は使ってみよう・・・というやつである。
同じMサイズだが、大きさの違いはご覧のとおり。

Imgp2823

ベルクロストラップのG3もあるが、取り外しが案外面倒だし、チクチクして煩わしいので、シンプルなG1タイプを選択。

サイズに関して、僕の場合・・・

スワニー規格では、手長18,5mmでMサイズだが、掌周りは21,5mmでS以下である。

日本手袋工業規格では、手長はM、掌周りはL~LLとなる。

グリップスワニーG1の場合は、手長はややショートになるが、Sサイズのほうが指先のフィット感はよかったかもしれない・・・

 


★グリップスワニーG1★

先日紹介した、ちびパンのハンドルカバーのメーカーは、手袋屋さんです。

|

« 実戦主義道具学 | トップページ | ちびパン用ハンドルカバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/47509483

この記事へのトラックバック一覧です: グリップスワニーG1:

« 実戦主義道具学 | トップページ | ちびパン用ハンドルカバー »