« USファーストエイドキットボックス | トップページ | 二日目:白馬 »

2010年10月 7日 (木)

戸隠キャンプ~白馬のホテル~安曇野

Toga1ここ数年、時々

一泊目キャンプ、2泊目ホテル(もしくは一泊二日キャンプ三泊目ホテル)という、キャンプ・ホテルドッキングというのをやっている。

キャンプのあとに、上げ膳据え膳でのんびり温泉というのが、なかなか贅沢でいいのある。

今回は一泊目が戸隠キャンプ場となった。
戸隠に行きたかったというより、おととし行った白馬のホテルから割引企画が届いたので、アクセスのいい戸隠を選んだという消極的理由。
といっても、神社とおそばの戸隠は大好きな場所のひとつですが・・・

=====  =====  =====  =====  =====

●戸隠キャンプ場
気に入らない。あぁ気に入らない。キャンプ場そのものにではない。
管理体制が気に入らない。

このキャンプ場は、もう何度も利用している。価格体系はテントの他にタープを張ると加算料金というシステムである。

このシステムは知っていたし、今回は一泊だったこともあり、ランブリLXというスノーピークの前室の広いテントを選択して荷物も絞った。
テント一張り、タープ無し、加算料金無しという計画である。

したがって受付で
「テントのみです」と言ったのだが
受付の女性がしつこく
「ツールームではないですよね?」
と聞くではないか!

「ツールーム?」

そんなことを聞かれたのは初めてである。

LXもツールームと言われれはツールームと言えなくもないが、
でっかいシェルターに、これまたでっかいテントをドッキングさせたのと同じにされてはたまったもんじゃない。

もちろん

「いいえ。テントのみです」
と、突っぱねました・・・ ι(´Д`υ)アセアセ

さらに、最後に
「チェックアウトは10時ですから」
と2回も言うのだ。

「・・・・・」

まぁ、いいけどね。ケツカッチンな予定を組んでいるから、言われなくても朝早く出発するけど、

言ってみればシーズンオフの平日キャンプである。

広い敷地内に僕たちを含めて、たった3組である。

こっちはかれこれ20年のキャンプ歴である。

こういうときは、例外なく
「明日はどうせ暇だからのんびりでいいよ」
と言ってくれるのだ。

空きスペースはいくらでもあるし、明日も混むはずがない。

誰にも迷惑かけないのである。

昔はシーズンオフは料金も安かったと記憶している。

「今日キャンプやるの?寒いからバンガローにしときなよ。安くしとくよ」とか
「小ちゃいタープ(ペンタのこと)だったらサービスでいいや」

とか、昔のおっちゃん達は、実にいい加減で、そんな塩梅でちょうどいいのだが・・・

キャンプ中の見廻り(?)も、初日と二日目の朝と2回(三組しかいないんだから、いったい何のチェックをしているのか????)
ゴルフ場のゴーカートみたいなのに乗って、遠まきにじろじろ見て行くし・・・

某メーカーの大会が毎年あったりするから、すっかり天狗になったか!

と、愚痴ったところで

                  (すっきりした~ フゥゥ~)

気を取り直して、いつも通り、楽しいキャンプの様子とグッズ達の紹介であります。

=====  =====  =====  =====  =====

Imgp6624

これが疑惑 (゚ー゚; の前室付きテント。

今回はネイティブパターンのラグマットで、お座敷スタイルであります。

到着が遅くなったので、早速炭を熾してなごみ七輪の準備です。

Imgp6638

昔この地で購入した、根曲がり竹のザルも持ってきました。

Imgp6640

因みに、お店をのぞくと、同じ大きさのザルでも値段に幅があります。
これは、編みこんでいく時の出来栄えの差だそうです。
言われてみれば、高いほうが目が細かくキッチリ編み込んであります。

七輪は、遠火用にDIYの金具を用意しました。

Imgp6660

野菜、

Imgp6659_2

→肉ね。

Imgp6667

溶岩プレートも大活躍!

いきなり夜になって・・・

Imgp6697


そして朝が訪れた・・・

Imgp6711

こんな風にサンドイッチをアルミホイルで包んで焼けば・・・

Imgp6716

おししいホットサンドの出来上がり。

明日は(たぶん)栂池の紅葉をお届けします。

「明日もまた見てくださいね。 んがっんん」

                       By サザエ

|

« USファーストエイドキットボックス | トップページ | 二日目:白馬 »

コメント

せっかくのシチュエーションで、ガッカリな受付でのやりとり...
それだけで気分悪くなりますねぇ
規則もあるだろうし向こうさんも商売だから仕方ない部分はあるんでしょうけど
だったら、せめてサッパリした物言いをして欲しいかな、なんて思います

僕はキャンプ場で日帰りのときに「デイキャンで...」と言うのに躊躇います
キャンプ場のおじさん、おばさんにそんなカタカナ言葉が通じるのかなーと
心配しちゃうので...
でも今は違うんですよねー
いつまでたっても20年前位の感覚でキャンプしてるんで
世の中についていけてません(^-^;)

投稿: nontaro | 2010年10月 8日 (金) 20時49分

はじめまして

昔は、すいている時期にうちだけなんて時には、
みかんとか漬け物とか”食べて〜”なんて
届けて下さるキャンプ場もありましたけど・・・
ある時は、どう考えても一家心中を警戒してる?って
こともありましたっけね〜〜〜

管理体制がしっかりしていることと融通がきかないってことが
同じではちょっとがっかりしますよね。

投稿: saiko3 | 2010年10月 8日 (金) 22時03分

nontaroさん、こんばんは。

そもそもタープ別料金って言う料金体系が、テント(シェルター)が大型化している最近のキャンプ事情にマッチしていないのだと思います。

若干高くしてもいいので、オート(車)は3500円、それ以外のバイクやテント持ち込みは3000円という風にしたら、へんな駆け引きをしないで、お互いすっきりするのですがねぇ~

nontaroさんのブログを思い出して、今回はちょっと怒ってみました(怒る原因が小ちゃい・・・(゚ー゚;)


saiko3さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。女性の方なんですね。


広いキャンプ場に、他にキャンパー無しって時は、もの好きって思われるか、大事にされるかどっちかだったりしますね(一家心中まで疑われたことはさすがに…(゚ー゚;)

こんどブログにおじゃましますね…


投稿: キーコ♂ | 2010年10月 9日 (土) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/49677865

この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠キャンプ~白馬のホテル~安曇野:

« USファーストエイドキットボックス | トップページ | 二日目:白馬 »