« ミニマムキャンプを思考して… | トップページ | キャンプでの食器洗い »

2010年10月30日 (土)

クーラーの中身の整理について

Imgp7024

調理をしているうちにゴチャゴチャしてきて、中身が取り出しにくくなるのが、クーラー。

溶けた氷で食材が水浸しになったり・・・






 

そこで僕は、こんな小物を使って整理しています。

まず、チリビン30の横幅にピッタリな「シグ・アルボックス」
サイズはおおよそ235×145×80(資料がないので実測です)。
熱伝導率のいいアルミ製なので、板氷の上に置いておくと箱自体がすぐにキンキンに冷えて、中身の持ちもいいような気がしますが・・・

Chiri1

昔なつかしアルミの弁当箱にパッキン(ただし汁物は完全密封できません)がついて、オシャレに色がぬられた感じ。


Imgp7021

調味料や、チーズとか、ピーマン2個とか、ベーコン、ハムなどをいれていきます。

Imgp6991


そして、定番のエッグケース。

Imgp7010

実はこれ、このアルケースの横幅にピッタリ収まるように片側をカットして4個入りに。
元々卵6個は持って行かないし、ちょうどいい4個入りケースも見つからず、苦肉の策 (゚ー゚;

Imgp7013

そして、お茶や豆乳(我が家は数年前から牛乳を豆乳に変更)のボトルです。
ナルゲン1リットルのそそぎやすい細口を使用。
(ちなみにこの紀文の豆乳は飲みやすいように加工されていて、慣れればカフェオレにも違和感なし!)

Imgp6996







|

« ミニマムキャンプを思考して… | トップページ | キャンプでの食器洗い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/49885158

この記事へのトラックバック一覧です: クーラーの中身の整理について:

« ミニマムキャンプを思考して… | トップページ | キャンプでの食器洗い »