« 三日目:安曇野ちひろ美術館 | トップページ | クーラーの中身の整理について »

2010年10月14日 (木)

ミニマムキャンプを思考して…

Imgp6125

何度も書いているが、

・マンション→敷地外駐車場・・・という運搬事情

・キャンプそのものを楽しむ為に、設営、撤収を短時間に

・廻り目平や菖蒲が浜のような、車乗り入れ不可の魅力的なキャンプ場の利用

そして、基本的体力の衰え・・・(゚ー゚;

このようなことから、ミニマムキャンプを思考してきた。

・テント、シュラフなどの基本装備は極力小さく、軽く(山用品、UL系)
・ワンバーナー+焚き火(調理&鑑賞)
・小型ランタン、小型テーブル
・車に積みっぱなしできるものは、シーズン中積みっぱなし
・リビングキッチンシステムはシンプルに
・かろうじて「オートキャンプ」のスタイルは保つ

と、こんな感じかな・・・

ここにきて、家から車への運搬は、だいぶ絞られてきたし、

車載BOXを使った、僕なりのリビングキッチンシステムは、かなり快適である。

Imgp4792


左のBOXには、七厘、焚火台S、チャコスタ、トライポッドなどの焚き火道具と、

Imgp5746

モナークチェアなど、ロースタイルのイスとシート

Imgp5748

右のBOXは、このBOXの天板をミニテーブルにするためのスタンド、S4タープ、ポール

Imgp5750

ペグやロープ、アックス、ノコギリなどのツールBOX

Imgp5754

コット、ベンチ、チェアなどの大物もそれなりに使用しているが、
車に載せっぱなしで、その時のキャンプスタイルによって、使い分けている。

毎回の家からの運搬は、これ以外の
アルパカ60リットル(テント、シュラフ、着替え類)
チリビン30リットル(クーラー)
ミリタリーBOX(バーナー、ランタン、ラジオ、小物類)
LLBeanトートバッグ(クッカー、食器類、ブランケットその他)
の4つに絞ることができた。

①は背負い、②③④はキャリアで転がせば、1回で積み下ろし完了である。

New


戯言にお付き合いありがとうございました ヽ(´▽`)/

|

« 三日目:安曇野ちひろ美術館 | トップページ | クーラーの中身の整理について »

コメント

ああ!
タープがオソロですよ僕と。色がグリーンですが・・
目指すスタイルが近そうですね

投稿: Ggreen | 2010年10月26日 (火) 01時07分

そうなんですか~

このタープ持っているという人初めてです!
ブログネタでもお目にかかったことがありません…

ぜひこいつをネタにしてやってくださいな。


投稿: キーコ♂ | 2010年10月26日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/49736573

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマムキャンプを思考して…:

« 三日目:安曇野ちひろ美術館 | トップページ | クーラーの中身の整理について »