« 山専ボトル | トップページ | KONA COFEE »

2011年2月11日 (金)

Beeswax Candles

Imgp8117

スローカフェやキャンドルナイトでおなじみの、蜜蝋のキャンドル。

UCOのキャンドリアとこないだのマイクロランタン用。

見た目は旨そうな感じ・・・

僕のような「ぐうたらキャンプ」も、「スローキャンプ」などど言えば、ちょっとはかっこいいのですが、テントの前室用に、コスト3倍はちょっとぜいたくか・・・ (^-^;

さて、蜜蝋のキャンドルは、炎の温度が高い為、ススを出さず、
かわりにマイナスイオンを出すといいいます。

「おならもバラの香り」みたいなすごいヤツなのです(*^-^)

因みに、キャンドルの火を消すときに、「フーゥ」っと吹き消してしまうと、芯のなかで数秒火がくすぶり煙が出てしまうし、芯が硬くなり、欠けやすく、再着火がしにくくなります。

正しくは、蜜のプール(溶けたところ)に浸すか、このようなマニアックな道具でつまんで消すようです。

Kesi

これ、「キャンドルクエンチャー」というへんな名前の道具。

東北の猟師達の間で伝承されている道具なのですが、

名前の由来はこうです。

とある猟師が1週間獲物がとれず、空腹に耐えられなくなり、思わず蜜蝋のろうそくを食べてしまったところ、

やっぱりまずかったので、ペーッと吐き出しながら

「キャンドル食えんちゃ!」

     ・

     ・

     ・

    絶句・・・

  (ホントすいません。因みに「東北の…」というところから嘘です (゚ー゚;  )

         ・

         ・

         ・


  (気をとりなおしてお読みください)

         ・

         ・

真似して銅芯で作ってみましたが・・・ (゚ー゚;

Kesi2

ついでですが、針金をたたいて細工するのに便利な、金床になる四角いハンマー、

こちらの名は「アンビルハンマー」。

名前の由来は・・・(←もう、結構です!)

4面が、それぞれ、フラットだったり、丸みがあったり、黒く塗装されていたりしているので、用途に応じて、使い分けるのだと思われますが、正しい用途は知りません。Ca3b0224

Ca3b0225

全部鉄で出来ているので、もちろんハンマーとしても打点が広くて最強!
鍛冶屋みたいで、ハマるんだコレが・・・


|

« 山専ボトル | トップページ | KONA COFEE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/50833500

この記事へのトラックバック一覧です: Beeswax Candles:

« 山専ボトル | トップページ | KONA COFEE »