« レクイエム | トップページ | タンスの衣替え »

2011年5月 7日 (土)

BE-PAL6月号 辻 信一さんのお話

Imgp9051

NO原発について、辻さんのお話は、今の僕にストンと落ちた。

以下、かいつまんで引用します。

   === === === === ===

『・・・僕も脱原発を唱えてきましたが、心のどこかで大丈夫だろうと思っている自分もいたんです。それが今回、自分のうちで暴露されました』

『原発に関しては、復興という言葉は使ってはいけないと思う。これだけの惨事を起こしておいて、もとの傲慢なゲームを続けるなんて許されません。本当に復旧したいのは、原発のなかったころの福島であり日本です』

『原発廃止は非現実的といった論調が目立ち始めています。「代替案は?」「火力を増やす?温暖化を加速させて良いのか?」という問いが繰り返されるでしょう。その答えはちゃんとあるんです・・・代替案を求める人たちは、たくさんのエネルギーが必要だと言う前提に立っている。もっと、快適さが必要だから・・・そもそも贅沢が必要なのかということをこそ問わなければいけないのです』

『まずは、日々の暮らしの中で引き算をしましょう。日本中で贅沢をナマければ電力節約になる。ちょっとした不便もあるでしょう。でもその不便を楽しめばいいんです。アウトドアライフとは、WAY OF LIFE。日常のふるまいや価値観を含めた生き方全体です・・・』

 

   === === === === ===

因みに我が家の4月の電力消費量は、前年同月の約半分であった。
家の中でも重ね着をし、極力暖房使用を抑えただけで、50%削減できた。

「不便を楽しむ・・・」 僕らの得意分野じゃありませんか。

因みに、「二酸化炭素=地球温暖化説」も、どうやら怪しげである。




この本、筆者いわく
「初版7000部でamazon9位に入り、そのアマゾンも出版社も在庫切れとなったにもかかわらず、重版がなされていない。知人など多くの方が私のもとに購入したいと連絡してくるが、著者の私にさえ何故増刷しないのか、一切の説明がこない」

そうである。

確かに謎の在庫切れですな・・・

こちらは辻さんの本。


辻さんの本の過去記事です。

|

« レクイエム | トップページ | タンスの衣替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/51606060

この記事へのトラックバック一覧です: BE-PAL6月号 辻 信一さんのお話:

« レクイエム | トップページ | タンスの衣替え »