« FRYING DUTCHMAN humanERROR | トップページ | やっと見つかったお茶セット »

2011年12月16日 (金)

コンパクトポットグリッパーみたいなもの・・・

Imgp1160

お~、なんか本物っぽく見えるが、実は・・・

こんな不細工な代物。

Imgp1159

ユニフレームのシリコングリッパー
これ↓を切って接着したもの。

846_1

セメダインスーパーXで待つこと24時間。

Imgp1125

↓もちろん、コレが本物。

R0042523

ところで・・・

最近、すっかりアルコールストーブにハマってしまっている。

作ってみると案外簡単で、
余熱から本燃焼に移行するときの、「ボッ」という瞬間は、ちょっと感動する。

テキトーに作ったわりには、ジェット孔からでる炎もちゃんときれいな形に燃えるし・・・

最近は、面白い形のアルミ缶はないか? と、自販機の前で立ち止まったり、ゴミ箱を覗いてしまうようになっている。

ゴミがゴミに見えない。
薪集めのときに、倒木がお宝に見える、アノ感覚に近い。

1

で、このアルコールストーブ、手製ゆえの設計の甘さも手伝ってか、
思いのほか炎が高い(デカイ?)。

取っ手が横についているタイプのクッカーだと、素手ではとても掴めなくなる。

そこで、このグリッパーを思いついたというわけでした。

ほな、さいなら。

|

« FRYING DUTCHMAN humanERROR | トップページ | やっと見つかったお茶セット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/53499981

この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトポットグリッパーみたいなもの・・・:

« FRYING DUTCHMAN humanERROR | トップページ | やっと見つかったお茶セット »