« キャンプ道具破損サイクルに突入か? | トップページ | CFの使いみち »

2014年5月19日 (月)

150 VS 80

Apollo_2

前回の続き。

ジェントス757とアポロの比較です。

写真のとおり、757のほうが光源そのものが明るく、範囲も広いのがわかる。

Apollo2jpg

しかしながら、アポロのほうが光の広がり方がなだらかで、実際にテーブル周りにおいては明るく、物が見やすく感じる。

これは、アポロのほうが背が高くセッティングできること、ホヤが半透明なこと、反射板の直径が大きいこと、蛍光色であること、などが関係しているようだ。

光の総量では757、見やすさではアポロといった感じで、結果的にテーブルに置くランタンとしての使い勝手は、アポロのほうが断然いい。

実際、757を使う場合は、テーブル置きではなく、ヘッドを反転して懐中電灯モードで上から照らす方法を多用していたぐらいだ。

まぁ、散々757にはお世話になっておいてアレですが・・・ アポロ気に入りました。

==============================

ところで、アポロには調光機能があり、取り説には「半押し」と記載されているが、これは間違いで、「長押し」が正解。

|

« キャンプ道具破損サイクルに突入か? | トップページ | CFの使いみち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113574/59672406

この記事へのトラックバック一覧です: 150 VS 80 :

« キャンプ道具破損サイクルに突入か? | トップページ | CFの使いみち »