8.車

2014年2月17日 (月)

スノーショベル

連日の雪で地元の路線が全日運休で大変でした。
いまだ帰れない方々もいるのでしょうか。

続きを読む "スノーショベル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

HONDA N BOX+

2tone_turbo_blue

維持費が魅力。

続きを読む "HONDA N BOX+"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

車というキャンプ道具

Paje0

昔の車は四角かった・・・

続きを読む "車というキャンプ道具"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

4駆に乗ること②

Nagagutu人生初めての4駆、パジェロが届いたその日のことである。

当時の僕は、

4WD=どこでも走れる

と、完全に4WDを誤認識していた。

キャメルトロフィー仕様のヘビーなキャリアと、フロントグリルガードを装備したパジェロは、無敵に見えた。

続きを読む "4駆に乗ること②"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイヤ交換って???

実は、今回のタイヤ交換は、某YOKOHAMA系のショップでおこなったのですが、
なんとも不可解な出来事がありました。

取り付けが終わり、よっしゃ~とテンションがあがったところに、ショップのお兄さんが、

「ご自分でローテーションしてましたか?」

と言うので、何かと思えば、

「ネジのピッチが伸びているようで、トルクが8kgが精一杯。

      10年くらい乗っている車だったらわかるのですが・・・」

などと、おっかないことを言うのです。

すっかりテンションが下がってしまいましたよ~ (;´д`)トホホ…

購入後3年間は、ディーラーのメンテナンスパックに入っていて、定期的にローテーションもしていてた(その後の2年間はそのまま乗っていた)ので、どうにも腑に落ちない。

その足でディーラーに持っていって、いつものメンテのお兄さん見てもらうことに。

ショップで言われた事情を説明し、待つこと1時間・・・・

結果は、異常なし。むしろ前輪はトルクがかかりすぎていたとのこと。

それでは、ショップの見解はいったい何だったのか?

メンテの人が言うには、

「車によって、それぞれちょっとしたコツがあって、まっすぐ入っていなかったり位置が悪いと、どんどん入っていっちゃったりしますよ・・・」

要は、最近の車の場合、一般のショップの技術が追いついていないという見解。

タイヤショップがタイヤをまともに取り付けられないなんて、ホントですかね?

それほどメーカーや車種によって違いがあるのか?

そのショップはその後のローテーションが無料とのことで、喜んでいたのですが、技術が信頼できないとなると、アフタサービスにまったく価値がなくなってしまうのですが・・・

どっちを信用したらよいのか、どなたかアドバイスくださいませんか ~ι(´Д`υ)アセアセ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月30日 (月)

四駆に乗ること

Ca3b0051_220代の頃、車で旅行に出かけ、その帰り道に渋滞につかまった。

橋を越えたところで、適当に横道に入ってみた。

その道はダートだったが、普通の車でもなんとか走ることが出来た。

続きを読む "四駆に乗ること"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

車載ミリタリーBOX展開図

ぼちぼち暖かくなってきましたね。
そろそろ僕も活動です。

このオフ中にミニマム車載システム構想も
固まってきました。

続きを読む "車載ミリタリーBOX展開図"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

キャンプの運搬を考慮したキッチンシステム

マンション住まいで駐車場が敷地外、我が家のこのような条件だと、家⇔車の運搬回数は夫婦2人で1回で済ませたい。

気持ちはミニマムキャンプだが、道具好きの僕にとって、

「何を持っていかないか」

を実践するのは至難の業だ・・・

そこで、シーズン中は、少々の燃費UPは覚悟の上で、いくつかの道具を車に積みっぱなしに。

破損の心配があるものや、危険な燃料、衛生面から食器・クッカー類はその都度持ち帰り、カビの心配がないように十分乾かしたテント、タープ、イス、コット、スタンド類、スモーカー、焚火台、ペグ、ロープ、シート類などを2つの木箱に納めている。

Imgp13631

そして、この2つの木箱は、キャンプ地では縦置きにされ

『ミニマム流キッチンシステム』に ↓ ↓ ↓
Imgp11671
これで、キッチンテーブルなるものは不要だし、クッカー類をはじめ、道具の整理もばっちりだ。

もともとはミリタリー系の木箱で雰囲気もいいし、20cmほどの奥行きも使ってみると、お皿やコッヘル大の奥行きとほぼ同じで棚のアクセスが楽。この2台並列配置がなかなか機能的で使いやすい。

以前、自作のもう少し奥行きのあるものを使っていたのだが、いまいち奥が見えなくて使いづらく、腰をかがめてのぞきこんだりしていたので、この浅い奥行きがかえってよさそうだ。

車載時(平置き)は、上のスペースがフラットに有効使用できる。

Imgp13101

天板はSOTOのシステムスタンドを使ってミニテーブルに。
Imgp13071

今、このシステムなかなか気に入っていますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

無印良品津南キャンプ場

Dsc002361 車を横付けするオートキャンプスタイルのときは、無印良品キャンプ場をよく利用します。

お気に入りの理由

①トイレや売店などの必要最低限設備が整っていて、清潔→奥さんと行くのでサニタリーの清潔度はポイント大

②かといって過剰な設備がないこと→なんにもない、なんにもない、まったくなんにもない・・・

③一区画平均400㎡と、サイトが広い→事前にネットで予約し、「2組可」といったさらに広いサイトも選べる

④妥当な料金→会員一人2000円。僕は夫婦2人DUOキャンプなので一泊4000円ということになります。お子さんのいるご家族だと、このシステムだと割高になりますか・・・

⑤自然の地形を生かした区画→駐車場みたいに区画されたキャンプ場は大嫌いです。平らでないところも多いのですが、工夫次第で快適に過ごせます。

⑥景色がいい→サイトによって「高台」「木に囲まれている」・・・など、お好みのロケーションが選べます

7月初旬の平日に2泊したのですが、僕たち夫婦の他にキャンパーはいませんでした。仕事が平日休みで、なおかつ、人が多い夏休みは避けるので、「キャンプ場貸切」ということが、ちょくちょくあります。いつも静かな時間を楽しんでいますが、あまりにも誰もいないとちょっと寂しかったりもします。

Dsc00193_2  No Beer No Life!


今回選んだサイトは「D20」という2組で利用OKという広いサイトです。高台というわけではないのですが、そこそこ景色もよく、気に入りました。なお、今回のように空いている時は、現地でサイト変更可能です。

他にオススメサイトは「B34」。ここは高台にあって、なおかつプライバシーを保てる突き当りに位置しています。

天気予報は3日間とも曇りのち雨だったのですが、強く降ったのは夜中だけで、日中はほとんど降りませんでした。というより、むしろいい天気!

1日目に素晴らしくキレイなオーロラ級の夕陽 、 Dsc00248 Dsc00216_32日目は奇跡的なピーカンといっていいほどの、正真正銘の晴れで、いい意味で天気予報大はずれでした。

ラジオの天気予報をずっと聞いていたのですが、こんなに天気がいいところが他にないみたいで・・・

なんだか夢見たいな不思議なキャンプとなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)